【99億9162万円】

この町の町民の頭の中に刷り込まなくてはならないのは
99億9162万円(2021年)なる数字
この負債を如何にして減らすかにある
物価高の中 そのためには今まで同様な愚策を演じている余裕などない
見直しとともにイノベーションが必要となる
イノベーションと言っても難しくはなく新たなるアイディアに他ならない
・青木前町長が個人的趣味で進めた「ボ―ト事業」の財源を見直す
・八島高原の木道回収における材、工法の見直し
など改善すべきは山ほどある
公共サービスを保ちながら如何にして負債を減らすか
これこそが組長・議員・公僕の腕の見せ所だろうが・・・
無策であれば賢者にアイディアを募ればよいだけのこと
そのためにまずは愚作の情報公開が必要となる

【黒字だからいいのでなく】


御柱の清算が黒字になったからよかった ではなく
何故に感染拡大の中上社も早々トレーラー輸送が決まるにもかかわらず
下社(下諏訪)では観覧席作りを強行したか?
議論はここにある
観光大好きな町・商工会議所
如何なる経緯で観覧席作りが決められたのか?
ここに焦点を合わせ原因追及を行わなければ再び同じ過ちを繰り返すこととなる
本来ならばこれは議会の仕事なのだが
職業議員化した議会には対峙できる能力もなく
決算詳細は町のHPにも公表されず

発表報道と化した市民新聞ももはや新聞の役目を果たさずやってる感だけ
こうして衰退の一途をたどることとなる
町民は国ばりか町政にも目を向けないと何をしでかすかわからない
忙しき世の中となったもの

【凡人と愚者】


県ボート協会と町漕艇協が町に200万は少ないのでは・・・
青木町政の負の遺産を少しでも減らすには
これを機に県ボート協会から使用料を貰ってみるのは当然のこと
当初青木前町長が退職金から1億円でも寄付するのでは・・・
なる甘い考えもしては見たものの
今だけカネだけ自分だけの男に変わりなく 悟ることなき名前負けした人物だった

宮坂徹町長も青木町政を継ぎ得意の歴史と文化を展開しようとするも結果は出ず
赤字の台所
もはや万策尽きるのも時間の問題 
町民にとってもこれよきこと

凡人は穴に落ちなければわからない
でも愚者は穴に落ちてもわからない
凡人と愚者 
さてこの町にはどちらが多くいるのだろう

【こども未来会議】


組長は愚策を隠すべく時として有権者の目をそらすために子供を使う
前青木町政においてできた「こども未来会議」もその一つ
やってる感だけの町議会も黙認せざるをなく始まったものの
子供たちも戸惑うばかりであるのはその目的が明確に示されておらず
結果あた障りなき好き勝手なことを言う羽目となる故検証もできない
こども未来会議の成り立ち しもすわの現状
なる情報公開をしたうえでイディアを募集しなければ
これまた今まで同様のやった感+血税浪費で終わってしまう
いつまでも町民はやった感のみに騙されてはならない
見抜く力が必要となる

【伐採から一部移植へ】


町道田中線のケヤキ問題をめぐって反対意見で計画変更
ここまでおバカな町だとは思わなかった
価値なきケヤキにカネをかけて移植をするという
移植する費用の方がかかるだろう
間引きをして伐採したケヤキはベンチにでもすればよいだけのこと
赤砂公園には新たに適した木々を町民から募り 植林すればよいだけのこと
どこまで無能なのか
それとも移植費用を業者にバラ撒いて票でも集める気か?
悪巧みだけは政治屋並みに頭が働く
無能な人間にカネ(血税)を持たせたところですべて浪費と化す

【職業化した行政の先に】

順調に県内感染者数が拡大し続けるも
無策阿部守一はやってる感を演じるのみ
そんな中信毎により旧統一教会との関係が明るみに出た県議、首長
県議会も関係各市議会も沈黙を保ったまま
嵐が通り過ぎるのを待っている様子を見れば
各議会が職業化していることがよくわかる
議会に対峙するなどと共産党議員が言ったところで このざま
もはや県政に対峙しているのは信毎に他ならない
悪いことばかり国の真似をする輩たち
忙しい中有権者が対峙しないと不都合なことはだんまりでやり過ごす
一層のこと国内初の県民参加型デジタル議会でも構築してみてはどうか
すでに既存のプラットホームがある

【自民党をぶっこわせ~!】

・共田武史(自民)
・宮下克彦(自民)
・丸茂岳人(自民)
案の定諏訪地方の自民県議が旧統一教会と関係していたことが判明
ここへ
・金子ゆかり(自民)
・今井敦(自民)
両首長が加わって 諏訪地方は統一された
これら輩たちは黒い猫だろうが白い猫だろうが票をくれれば誰でもいい政治家ならぬ政治屋であることを忘れてはならない

この問題は3つに分けられる
①政治と宗教(政教分離)
②統一教会と自民党
③統一教会と被害信者
無論自民党は②のみで終結を図るのだろうが
自民の窓口は清和会(安倍)であり
その安倍が10万票を割り振っていたとなれば根は深い
そんなアベを国葬にするというのだからして
国自体を統一したいのだろう

来春に控える県議選の指標の一つにしなければならない
立花(NHK党)さんよ
NHKでなく「自民党をぶっこわせ~!」
1年生自民県議たちよ
「初心に帰って・・・」は通用しないぜ
「襟を正して・・・」というのならば紳士服のアオキに特注の大きな襟を準備しておきな!

【諏訪人の愚かさ】

小さな台風8号メアリーが関東に上陸するというも
東北や沖縄、九州に比べればほんの一瞬のできごと
一層のこと関東に1週間ほど滞在すればよきものを
天気予報が見事に外れたのをせせら笑うがごとく
今頃になってセミたちが一斉に鳴き始めるも
気温は低く湿度も高くなく
季節には勝てないことを知ってのことか
湖面に広がるヒシが諏訪人の愚かさを醸し出す
ヒシが伸び始める頃に芽を刈ればよきものを
何度言っても聞かぬ公僕たち
議員がやっている感で泳いで見せたところで
意味なきパフォーマンスにしか見えず
わかりきった解を実行に移すのが本来の仕事だろうが・・・

【ケヤキ伐採】


今頃になってケヤキ伐採に賛否の声
ケヤキを植えた頃からわかっていたこと
樹木の性質を知らずして植えるからこのようなことになる
確かにケヤキは排ガスに強いことから街の木として親しまれてきた
それだけに生命力が強い
そんなケヤキを間隔も開けず植えること自体が間違っている

全国を歩き回れば不思議と貧乏な行政ほど 無知なデザイナーほど
間隔を狭め見た目のみの街並みを作り上げる
結果今回のようなおバカな議論となる
そこに当の樹木の思いなどない

頭を摘まれた木々は窮屈な思いで成長維持により横に根を張ろうとする
結果歩道を歪ませることになる
結論を言えば「間隔を広げること」
今のピッチを間引けばよいだけのこと

何故にこんな簡単な問題が説けないのか
単に勉強不足以外何物でもない
町長たるもの「10年、20年後を見据えなくてはいけない」というも
先を見据えたビジョンを以て首長になったのではないのか

公園問題にせよ耕作放棄地にせよ
長年の先知先覚なき町政が負の遺産となって現れ始める これよきこと
穴に落ちて悟る凡人の町下諏訪

【下諏訪町 再生エネルギー意見 「先知先覚 後知後覚」】

・プーチン戦争(ウクライナ侵攻)によるエネルギー危機
・先進国ワースト1の再生エネルギー普及率と電力逼迫
・年々増える気候変動(温暖化)
・増える耕作放棄地の裏にある農業人口の減少
・手入れの進まぬ荒れた山林
・いたるところ雑草・ダニだらけの公園の町下諏訪
「持続可能な社会」「循環型社会」などといったところで意味も分からぬ輩たち
見慣れぬ光景に「景観が悪い」と騒ぐも
見慣れた荒れ地=景観がいいのか
野生動物の里下りや社会被害が環境がいいとは言うまい

諏訪は風害も少なく風力発電は普及しない
一方地熱に恵まれていながらも地熱発電や地熱利用は進まない
※かつては温泉植物園なるものがあったが・・・

再生とは古物を利用して新しく作り変えることを意味する
持続可能な社会とは人口減少や気候変動、国際情勢の変動の影響を受けることなく
生活に必要なインフラを持続させることを意味する
そして循環型社会とは身の回りにあるモノを資源に変え
国や県に頼ることなく生活に必要なインフラを維持する社会を意味する

・地すべり防止区域
・急傾斜地崩壊危険区域
・土砂災害特別警戒区域
での再生エネルギーの促進を止め問題を先送りするのでなく
再生エネルギーを機会にそれら危険区域での対策を打つことを逆に促進すべき
目先の諸問題を見れば
ペレットは為替や原油価格の影響を受けることなく森林整備問題をも解決し
ソーラー発電は電力逼迫問題を解決する
石油産油大国のサウジアラビアでは原油は商品 エネルギーはすべて再生エネルギー
結果再生エネルギー(太陽光/風力)の価格が史上最低の1.4円/kwを更新
EUではプーチン戦争(ウクライナ侵攻)によるエネルギー逼迫を教訓に
「REPower EU」ロシア産化石燃料依存からの脱却計画を発表した
日本はと言へばこれを機に原発族の利権回帰を狙った原発再稼働
安倍前総理が豊田章男にあげた2兆円の水素開発はどうなった?
ソーラーパネルの前で生活をしているわけでもないのに未だ電磁波を気にするおバカな輩たちに限って
茶の間の大型液晶テレビから出る電磁波やスマホやタブレットから出る電磁波は気にしない

借金を隠しながら無駄な公園を作り続けた青木前町政の負の遺産が出始めたにもかかわらず
追いはぎ産業である観光にご執心な現宮坂町政
高齢化・人口減少とともに観光産業は衰退することが何故わからない

先知先覚 後知後覚
穴に落ちてから騒ぎ出す輩が首長になるとこのような悲惨な目に合う
エネルギー資源は身の回りにたくさんある
行政はそれらを推進すべきものを
住民や国に倣って時に身を任せるだけの「やってる感」

最後に覚えているだろうか
12年前の中村直亮のこの公約のポスター

赤砂崎ソーラー発電で4.8億/年の収入を説明
これを12年間続けていたら58億の収入
100億の借金は半分以下になっていた
目先の身のしがらみで青木を選んだ有権者
穴に落ちてから悟るものを凡人という